手軽に風俗するなら自由出勤、求人も多め

風俗において、自由出勤とは、自由な時間、曜日に出勤できることです。
このシステムを採用している風俗店は少ないですが、一定数存在します。
求人情報に、自由出勤の記載があればチャンスです。
この週は一日だけ、この週は毎日とか、そういった働き方も選べます。
シフトを事前に渡す場合や、電話で勤務希望日を申告するタイプもあります。

自由に出勤できるメリット

風俗業には、様々なメリットがあります。その一つが、この自由出勤です。
日のように出勤する方もおられる一方、週に一日や二日、もしくは三日間出勤される方もおられます。
求人情報に、自由出勤OKとでかでかと書かれていたら、その求人は「自由出勤」が売りの風俗業だと考えられます。
でも、世の中、そんなに甘くないものです。自由には一定の制約があることを、覚えておきましょう。

いつでも出勤可能?

お勤めの風俗店と事前に打ち合わせた上、出勤しましょう。
出勤予定表にない日に出勤してしまうと、お店としても都合が悪いので、気を付けましょう。
求人票に記載されていなくても、腕が良ければ自由出勤が認められることがあります。
お店に対する影響力が物を言いますので、ある意味実力主義です。

何時間くらいいたほうがいい?

風俗店によって異なります。
自由出勤が転じてピンチヒッターになることもありますし、馴染みのお客さんの指名を受けることもあります。
風俗は自由業に近いですが、お客さんの人気は夜間に集中します。昼間働いて、夜風俗を利用されます。
もっとも、初めから長くいる状態なら、自由出勤にせず、シフト制にしたほうが無難かもしれません。

exact_00074

自由出勤は、とても気軽に働けるやり方です。
毎日学校や会社に行くのがしんどい方でも大丈夫です。
でも、お店としては毎週決まった日に働いてくれる人のほうがいいそうです。プロとしての自覚を持ちましょう。
求人情報は頭から信じず、尻尾の方までイメージして読みましょう。
風俗はそういうものです。